AC-SERVER(ACサーバー)

ACサーバーなら、アカウント登録後すぐに使えて全機能が試せます。2週間の無料お試し実施中!
ワンストップサポートのレンタルサーバー│AC-SERVER(ACサーバー)
運営会社│株式会社SEEDS(シーズ)

利用規約

ACサーバーの利用規約について

ACサーバーのサービス提供者である株式会社シーズ(以下、甲)はインターネット上におけるホスティングサービス(以下、本サービス)を円滑に運営するために以下の規約を定め、ACサーバーサービス利用者、及びドメイン名取得管理サービス利用者(以下、乙)に提供する全サービスに適用します。また乙は当利用規約を遵守するものとします。

当規約適用サービス

  • ACサーバー プラン10 プラン20 プラン40
  • CGI専用プラン

サービスの定義

本サービスでは、グローバルIPネットワークに接続されたWEBサーバー、メールサーバー、DNSサーバー等を活用し、乙のWEBサイトスペース、メールアドレスを提供します。

サービス内容の変更

甲は乙に事前に通知することで、本サービス内容を変更または追加できるものとします。

禁止事項

本サーバーにおいて下記の事項を禁止します。また、下記の事項に該当する乙に対しては、事前に通知することなくサービスを停止する場合があります。

  • 国内法に抵触する行為。(マルチ商法、卑猥画像の掲載等)
  • 他者の迷惑となる行為。
  • 当サイトやそれ以外への不正侵入やクラッキング行為。
  • SPAMメール配信、BOTプログラムの設置
  • メールアドレスクリーニングを主たる目的としての利用
  • サーバー・回線に著しい負担をかけるプログラム等の利用
  • ディスクスペース・リソースの再販と思われる行為。
  • その他甲が乙の本サービスの利用について不適切と判断した場合

上記理由でサービスの提供を中止したことにより乙に生じた損害等については、甲は一切責任を負わないものとします。

当サービスにおけるSPAMメールの定義

  • ユーザーの許可を得ていない配信。(「未承諾広告※」メール含む)
  • ユーザーがメールアドレスの解除ができない。または解除に手間がかかる。

自己責任

乙は、本サービスの利用に伴い、他者に対して損害を与えた場合及び他者からクレームを受けた場合、自己の責任と費用をもってこれを処理解決するものとします。

免責事項

本サービスの中断、運用停止などにより利用者に発生した如何なる損害も甲は負わないものとします。特に、本サーバー上に存在する乙に属するデータに関しては、各人の責任において管理するものとし、また、甲に帰すべき理由によりデータが消滅した場合においても、そのデータの消滅に起因する損害を、甲は負わないものとします。

障害について

甲は、乙の本サービスの利用に際し、乙に対して発生した損害につき一切の責任を負わないものとします。ただし、甲の故意又は重過失と判断された損害についてはこの限りではありません。この場合、乙が甲に支払ったサービス利用料金の12ヶ月分をその賠償額の上限とします。また、甲は乙が第三者に与えた損害の一切の責任を負わないものとします。

契約単位

ひとつのドメインを契約単位とします。

契約の開始

甲から乙へのホスティングサービス設定完了報告をもって契約の開始とします。

料金・利用期間・支払期日等

  • 料金は先払制とします。
  • 最低契約期間は6ヶ月とします。
  • 契約の最小単位は月始から月末までの1ヶ月とします。
  • 銀行振込みの際の振込手数料は乙が負担するものとします。
  • 料金や支払方法については、別途定めるものとします。
  • 別段定めのない料金の払い戻しは一切行わないこととします。

契約更新

契約終了日の14日前までに甲・乙いずれからも契約内容の変更・解約について申し出がない限り前契約と同一条件にて自動更新するものとします。

契約解約

乙は解約希望日14日前までに甲に書面にて連絡するものとします。
解約申請書(PDF)
甲は乙からの退会の届出を受領した場合、乙にその旨をメールにて通知することとし、解約希望日または契約の期間満了日をもって契約終了することとします。ただし、利用の如何に関わらず、契約期間分の返金はできません。なお、退会時にはデータのバックアップ等は乙の自己責任において行い、甲は退会後のデータ保持に関して何ら関与しないものとします。また、甲はデータのバックアップ等の責任を一切負わないものとします。
また甲は、乙が次の各号のいずれかに該当する場合には、何らの通知、催告なくして本サービスの提供を停止することができます。
これにより乙が損害を被っても甲は責任を負わず、また既に甲に支払われた金額は返金することはできません。

  1. 利用料金、遅延損害金等の支払が、支払期日を経過してもなされないとき。
  2. 利用申込にあたって、虚偽の事実を記載したことが判明したとき。
  3. 手形、小切手の不渡りを出したとき。
  4. 破産、民事再生、会社更生等の申立をなし又は申立を受けたとき。
  5. 仮差押、仮処分、強制執行、担保権の実行としての競売申立があったとき。
  6. その他前各号に順ずる事由が生じたとき。
  7. 本規約に違反したとき。

最低契約期間内の中途解約

乙が最低契約期間内に中途解約する場合、最低契約期間分の月額料金合計と、既に支払われた最低契約期間内の月額料金合計の差額を支払う必要があります。 また、いかなる理由でも一度受領した料金は返金できません。

未払いについて

未払いの利用料金等がある場合には、乙は甲に対し、直ちに当該未利用料金等を支払う義務を負います。

専属的合意管轄裁判所

乙と甲の間で訴訟の必要が生じた場合、甲本社所在地を管轄する地方裁判所または簡易裁判所を乙と甲の第一審の専属的合意管轄裁判所とします。

本規約について

本規約は、乙の承諾なく変更、改定できるものとします。

附則

本規約は2010年2月22日より実施します。